ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年05月16日

OUT(映画)

OUT(最悪のチャンス)

OUTOUT.jpg
監督 平山秀幸
脚本 桐野夏生
脚本 鄭義信
撮影 柴崎幸三
製作 ムービーテレビジョン
 サンダンス・カンパニー 
 古澤利夫
 木村典代
音楽 安川午朗
プレス写真 荒木経惟
プレスデザイン 祖父江慎
出演者 原田美枝子
 倍賞美津子
 室井滋
 西田尚美
 千石規子
 香川照之
 大森南朋
 間寛平
配給 20世紀フォックス(極東)
公開日 2002年10月19日
上映時間 1時間59分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
原作『OUT』(アウト)は1998年に日本推理作家協会賞を受賞、また後の2004年にはアメリカ探偵作家クラブ、エドガー賞に日本人として初めてノミネートされた(惜しくも受賞は逃した)女流作家桐野夏生の小説であり、テレビドラマ化や舞台化もされた。
映画であるこの作品は、第26回日本アカデミー賞優秀主演女優賞(原田美枝子)、優秀助演女優賞(倍賞美津子)、優秀監督賞受賞。第76回キネマ旬報日本映画ベスト・テン第4位、日本映画助演男優賞受賞(香川照之)。第57回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、監督賞、脚本賞受賞。第15回日刊スポーツ映画大賞助演男優賞受賞(香川照之)。日本映画ペンクラブ賞日本映画第3位。第24回ヨコハマ映画祭2002年日本映画ベストテン第2位、監督賞、撮影賞受賞作品。などの評価を受けている。

東京郊外にある弁当工場で働く深夜パートの主婦たち4人はそれぞれに悩みを抱えていた。原田美枝子演ずる家庭が崩壊している香取雅子42歳。倍賞美津子演ずる寝たきりの姑の介護をする吾妻ヨシエ51歳。室井滋演ずるローン地獄に陥っている城之内邦子40歳。西田尚美演ずる身重の身体なのにギャンブル狂いの夫からの暴力を受ける山本弥生。
ある日、雅子のもとに妊娠8ヶ月の弥生から「衝動的に夫を殺害」したと電話が入る。雅子はやむなく死体を自分の車のトランクに一時的に隠すが、結局死体処理をさせられる事になった雅子は、ヨシエと邦子を巻き込んでそれを解体し生ゴミと一緒に捨てる。一時は死体が発見され警察が動き出すも、間寛平演ずるカジノオーナーの佐竹に容疑がかけられ仲間は難を逃れる。そんな時に、邦子が世話になっている香川照之演ずるローン会社の十文字彬が死体処理の仕事を斡旋してきた。多額の報酬と、すでに十文字を憎からず想うようになっていた雅子はそれを受け、成功させる。ところが、釈放された佐竹の復讐の手が彼女らに迫る。そして警察も・・・

【サスペンス*スリル】【小説映画化】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 100円(関西の上映館印刷あり)



OUTを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒






posted by ケンとうさん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2002日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャング・オブ・ニューヨーク

ギャング・オブ・ニューヨーク

Gangs of New Yorkギャング・オブ・ニューヨーク.jpg
監督 マーティン・スコセッシ
製作総指揮 ハーヴェイ・ワインシュタイン
 マイケル・ハウスマン
製作 マーティン・スコセッシ
 アルベルト・グリマルディ
脚本 ジェイ・コックス
 ケネス・ロナガン
 スティーヴン・ザイリアン
音楽 ハワード・ショア
 エルマー・バーンスタイン
主題歌 U2
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 セルマ・スクーンメイカー
出演者 レオナルド・ディカプリオ
 キャメロン・ディアス
 ダニエル・デイ・ルイス
配給 ミラマックス
 日本ヘラルド映画/松竹
公開 2002年11月9日
日本 2002年12月21日
上映時間 2時間47分
製作国 アメリカ
ドイツ
イタリア
イギリス
オランダ
言語 英語

ストーリーと概要
1928年に出版された、新聞記者として働いたハーバート・アズベリーの『ギャング・オブ・ニューヨーク』は、当時のニューヨークに存在した、アイルランド移民マフィア、イタリアン・マフィア、チャイニーズ・マフィアなど、ギャングたちの社会を、1863年頃から1927年までを書き綴った歴史書ともいえる取材録である。映画『明日に向って撃て!』もこの中の逸話の一つを映画化したことで知られる。
本作、映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』も、この中のエピソードの一部を映画化しており、著作とはストーリー、設定などが異なる。撮影はローマ郊外の大規模映画スタジオである「チネチッタ」に当時のニューヨークの町並みを完全再現して行われた。2001年5月のカンヌ国際映画祭にダイジェスト版として公式出品されたのが初出。直ぐに一斉公開の予定が2001年のニューヨークを含む同時多発テロの影響によりずれる結果となった。
監督のマーティン・スコセッシは本作でゴールデングローブ賞 監督賞を受賞。ダニエル・デイ・ルイスは英国アカデミー賞で主演男優賞を受賞した。第75回(2002年)アカデミー賞で10部門にノミネートされたがいずれも受賞には至らなかった。

ニューヨーク・マンハッタンの一角であるファイブ・ポインツ1863年ごろからが舞台の中心。ニューヨーク港に、アイルランドで大飢饉に見舞われ新天地を夢見た移民達が毎日のように降り立っていた。貧困ゆえに住めるところが限られる移民たちはファイブ・ポインツに身を寄せようとするが、アメリカ生まれの人員で構成される集団ネイティブ・アメリカンズが、そのファイブ・ポインツを支配しようとする。戦いの中で、アイルランド移民達は徒党を組みデッド・ラビッツという組織を作り上げた。ネイティブ・アメリカンズとデッド・ラビッツの対立構造。これは、単なるギャング団の対立だけではなく、WASP対アイリッシュという人種対立。ひいては、プロテスタント対カトリックという宗教対立にまで遡る根の深い問題である。
しかし、結果としてリーアム・ニーソン演ずるデッド・ラビッツのリーダー、ヴァロン神父が、ダニエル・デイ・ルイス演ずるネイティブ・アメリカンズのリーダー、ビル・ザ・ブッチャーに殺される。ヴァロン神父の幼い息子アムステルダムはそれを目撃。捉えられ、少年院に投獄されてしまう。
約15年後、少年院から出所してきたレオナルド・ディカプリオ演ずるアムステルダムは、素性を隠して、復讐のために街のボスとして君臨するビルの組織に入り込む。
頭角を現し、ビルにも一目置かれる存在へとなっていった。そんな中、アムステルダムは女スリ師のジェニーと出会う。互いに惹かれ合い始める二人であったが、ビルにアムステルダムの素性が知られてしまい私刑に処せられる・・・

【史劇*伝記】【小説映画化】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 140円(B4二つ折り版)



ギャング・オブ・ニューヨークを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



posted by ケンとうさん at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2002アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンジェル・アイズ(映画)

エンジェル・アイズ(映画)

ANGEL EYESエンジェル・アイズ(映画).jpg
監督 ルイス・マンドーキ
製作 マーク・カントン
エリー・サマハ
製作総指揮 アンドリュー・スティーヴンス
ニール・カントン
ドン・カーモディ
脚本 ジェラルド・ディペゴ
撮影 ピョートル・ソボシンスキ
音楽 マルコ・ベルトラミ
音楽監修 マニシュ・ラヴァル
トム・ウルフ
美術 ディーン・タブラリス
編集 ジェリー・グリーンバーグ
衣装デザイン マリー・シルヴィ・デュヴォー
出演者 ジェニファー・ロペス
 ジム・カヴィーゼル
 テレンス・ハワード
 ジェレミー・シスト
 ソニア・ブラガ
 シャーリー・ナイト
 ヴィクター・アルゴー
 モネット・メイザー
配給 松竹
公開日 2002年10月12日
上映時間 1時間43分
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
一流の実力のある製作陣が手掛けたこの作品は、出演者もまた実力派ぞろいである。
派手なCGやアクション、余計なセクシー・シーン等が無く、その分話題性も少ないが、見た人の多くに好評という特異な結果を生んだ映画として知られる。
何を受け入れ何を受け入れないか、恋愛の普遍的なテーマを女性警官の日常を通じて描く。特に主演のジェニファー・ロペスの演技は、ファンならずとも引き込まれる内容。

アメリカはシカゴ。ジェニファー・ロペス演ずるタフな女性警官シャロンは、家族とのトラウマから逃れようとひとり暮らしをし、恋愛に背を向け、がむしゃらに任務を果たす。どんな事件でも手際よく。例えば、ハイウェイ大事故でも、シャロンはいち早く現場に駆けつけ、瀕死の重傷者を励まし続ける。そんなハードな日々が続く中、同僚が銃撃され、シャロンは逃走する犯人を追っていたが、反対にストリート・ギャングの襲撃。拳銃を向けられ頭を撃ち抜かれそうな絶体絶命の状況。そこへ突然現われた謎の男が、ギャングに体当たりをして助けられる。ジム・カヴィーゼル演ずるキャッチという名のその男の瞳に、シャロンは吸い寄せられるかのように共感を抱き、いつしか付き合うようになるが・・・

【バイオレンス】【ラブ*エロティック】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 100円(関西の上映館印刷あり)



エンジェル・アイズを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2002アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。