ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年05月21日

ランニング(映画)

ランニング(映画)

Runningランニング(映画).jpg

監督 スティーヴン・H・スターン
製作 ロバート・クーパー
 ロナルド・M・コーエン
製作総指揮 マイケル・ダグラス
脚本 スティーヴン・H・スターン
撮影 ラズロ・ジョージ
音楽 アンドレ・ガニオン
出演者 マイケル・ダグラス
 スーザン・アンスパック
 ローレンス・デーン
 チャールズ・シャマタ
 ユージン・レビイ
配給 日本ヘラルド
公開 1979年
上映時間1時間59分
製作国 アメリカ カナダ
言語 英語


ストーリーと概要
まだ円熟する前で、オスカー俳優になる前のマイケル・ダグラスという意味では、超レアな映画に属するのでは無いか。地味ながら日常的に本当にありそうな話を熱演している。
マイケル・ダグラスと言えば、父は俳優でプロデューサーのカーク・ダグラス。その父が再婚したのがプロデューサーのアン・バイデンス。
離婚はしたものの母は、女優のダイアナ・ダグラス。その母が再婚したのが小説家ウィリアム・ダーリッド。
弟が映画プロデューサーのジョエル・ダグラス。異母弟のピーター・ダグラスも映画プロデューサー。その弟は俳優のエリック・ダグラスという、どこでどうなったのか分からない関係で、まさにハリウッド的な家族関係。本人も近年セックス依存症を告白して治療している。妻は有名女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。

本作はマイケル・ダグラス自身が製作総指揮を行っている。
イーストマンカラー、パナビジョン作品。
医者や弁護士などのエリート・コースを放棄し、以後職を転々とする世渡りが下手な男。いざとなるといつも人生に対して逃げごしになっていたマイケル・ダグラス演ずるかつてのマラソン・ランナーマイケル・アンドロポリス34歳。彼は、約束を守りたくてもいつも守れないお父さん。スーザン・アンスパック演ずる教師をする妻ジャネットを頼るというありさま。ついに妻と長女にも厭きられてしまった。最初のうち味方してくれたのは次女だけ。今は、妻子と別居し、安ホテルで一人暮しを続けている。ジャネットは彼に離婚を請求する。マイケルは離婚をきっかけに自分を見出すために再びマラソン競技に出場することを決心し、それに向ってトレーニングを開始。幼馴染みのチャールズ・シャマタ演ずるハワードが経営する自動車会社で洗車係に雇ってもらいながら、トレーニングを重ねた。かつて有望視された彼の夢は今からオリンピックに出場すること「今、走らなければ、全てを失ってしまう・・・」。マイケルは強引にジャネットをデートに誘い出す。ジャネットもマイケルを愛していないからなのではなく、立ち直って欲しかったから離婚したのであった。
しかし、ボストンで頼んだローレンス・デーン演ずるウォーカー・コーチの態度は冷たい。
かつて、大レースには弱く、最後の踏んばりどころでいつもマイケルが、投げ出していたのをよく知っているからだ。しかし、マイケルは負けない。
やがて、奇跡が起きる。モントリオール・オリンピック出場選手3名のうちの1人にマイケルが決まったのだ。彼はアメリカの期待を一身に集める。そして、レースの日・・・

【ヒューマン*家庭】【青春*スポーツ】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 300円 (三宮国際松竹スタンプあり)



ランニングを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒






posted by ケンとうさん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き出しの中のラブレター(映画)


引き出しの中のラブレター

引き出しの中のラブレター 引き出しの中のラブレター.jpg




















引き出しの中のラブレター白.jpg
監督 三城真一
助監督 岸川正史
エグゼクティブプロデューサー 関根真吾
プロデューサー 伏木賢一
 小林敬宜
アソシエイトプロデューサー 高石明彦
 松田さやか
ラインプロデューサー 木村和弘
脚本 藤井清美
 鈴木友海
製作総指揮 野田助嗣
製作 伏木賢一
 小林敬宜
撮影 中山光一
照明 中須岳士
録音 芦原邦雄
美術 古谷美樹
装飾 沢下和好
編集 白水孝幸
製作委員会メンバー 松竹
 吉本興業
 FMノースウェーブ
 J-WAVE
 ZIP-FM
 FM802
 CROSS FM
 文芸社
 ドリームキッド
 電通
 衛星劇場
音楽 吉俣良
主題歌 Skoop On Somebody
出演者 常盤貴子
 林遣都
 八千草薫
 仲代達矢
 伊東四朗
 西郷輝彦
 六平直政
 吹越満
 片岡鶴太郎
 豊原功補
 萩原聖人
 本上まなみ
 中島知子
 岩尾望
 竹財輝之助
 冨田佳輔
 水沢奈子
配給 松竹
公開 2009年10月10日
上映時間1時間59分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
オムニバス映画。新堂冬樹著作の同名の小説があり、内容も同じなのであるが、どのような事情なのかこの紹介は無く、映画のちらしには原案、小林敬宜著作の『届かなかったラヴレター』とのみある。
2009年7月1日(水)、明治記念館にて製作報告記者会見が行われ、常盤貴子、林遣都、中島知子、岩尾望、豊原功補、八千草薫、三城真一監督が浴衣姿で登壇した。
なお、主演の常盤貴子は、一つの区切りと考えたか、この映画の公開の10日後、俳優長塚京三の息子で、劇作家であり俳優の長塚圭史と結婚している。

常盤貴子演ずる人気ラジオ・パーソナリティーである久保田真生(まい)。
4年前に六平直政演ずる父親と、仕事のことで喧嘩をし絶縁する。疎遠なまま仲直りもせず父親は他界。
悔やんでいる彼女のもとに、父が亡くなる前、自分に宛てて書いていた手紙が届くが、開くことができず、引き出しの中にしまってしまう。
ある日、番組に林遣都演ずる北海道函館で暮らす高校生、直樹から「笑わない祖父を笑わせたい」という手紙が届く(作品中小道具としての葉書は実際に直樹役の林遣都が書いた物)。
真生は、おじいちゃんを笑わせる方法を番組で募集。その方法が全国から寄せられるが「もう募集はやめて欲しい」と少年から再び手紙が来る。真生は自分の父親の姿を重ね合わせてしまい、この少年がどうしても気になり出す。
仲代達矢演ずる直樹の祖父。豊原功補演ずる父。岩尾望演ずる東京に単身赴任中のタクシー運転手。中島知子演ずるシングルマザーの決意をした妊婦。八千草薫演ずるその母。竹財輝之助演ずる大病院の跡取り息子。西郷輝彦演ずるその父。たくさんのリスナーのために「引き出しの中のラブレター」というラジオ番組の企画を通じ、自分の心の奥底に隠されている、伝えたくても伝えられなかった大切な想いを届けたいと願う・・・

【ヒューマン*家庭】

ちらし上段本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円 (神戸国際松竹スタンプあり)

下段ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円 (神戸国際松竹スタンプあり)


引き出しの中のラブレター
を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒





posted by ケンとうさん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。