ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年04月11日

オール・ザット・ジャズ

オール・ザット・ジャズ.jpgオール・ザット・ジャズ
All That Jazz
監督 ボブ・フォッシー
製作総指揮 ダニエル・メルニック
製作 ロバート・アラン・アーサー
脚本 ロバート・アラン・アーサー
ボブ・フォッシー
音楽 ラルフ・バーンズ
撮影監督 ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 アラン・ハイム
出演 ロイ・シャイダー
ジェシカ・ラング
アン・ラインキング
エリザベート・フォルディ
ベン・ヴェリーン
サンダール・バーグマン
ヴィッキー・フレデリック
ダイアン・ヴェノーラ
マイケル・トーラン
マックス・ライト
キース・ゴードン
ジョン・リスゴー
CCH・パウンダー
配給 20世紀フォックス
公開 1979年12月20日
日本 1980年8月30日
上映時間 2時間3分
製作国 アメリカ
言語 英語

アカデミー賞美術賞、編集賞、編曲賞、衣装デザイン賞受賞作品。
カンヌ映画祭グランプリ受賞作品。

ブロードウェイの振付師で演出家のB・フォッシー監督の自伝的作品。ショービジネスの世界を背景に、ステージに人生を賭けたあるミュージカル監督演出家ギデオンは、酒やタバコに鎮痛剤で体調不良を無理やり捩じ伏せ、新作ミュージカルの稽古や映画の編集作業に飛び回る。しかし次第に体は蝕まれ、ついには病の床に伏してしまう。夢うつつの中、彼は幻想の世界で自らを回想し、夢の中で思い描いていた一大イベントの幕を切って落とすのだった…。ショー・ビジネス界の裏側をひとりの男の姿を通し、幻想的な描写を効果的に使って描いた異色ミュージカル。R・シャイダーの演技もさる事ながら全編に散りばめられた100以上のダンサーによるミュージカル・シーンの迫力ある映像は見事。

【ミュージカル*ダンス】【実話映画化】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 400円(大阪三番街シネマ印刷あり)



オール・ザット・ジャズを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



オール・ザット・ジャズのプレビュー
何と言っても、アカデミー賞美術賞、編集賞、編曲賞、衣装デザイン賞受賞作品である。
カンヌ映画祭グランプリ受賞作品である。時の映画評論家達も、企業のしがらみが無い方や、注目狙いの悪評書き以外は絶賛していた。ミュージカル映画で好評を得た作品は多いが、古今を通じてもオール・ザット・ジャズの面白さはかなり高いところにあるであろうと思われる。私もそれらを沢山見たが今の所は同分野1位の評価をする。




posted by ケンとうさん at 00:26| Comment(0) | 1980アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。