ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年04月11日

アパッチ砦ブロンクス

アパッチ砦ブロンクス.jpgアパッチ砦ブロンクス
製作総指揮 デイヴィッド・サスキンド
製作 マーティン・リチャーズ
 トム・フィオレロ
監督 ダニエル・ペトリー
脚本 ヘイウッド・グールド
撮影 ジョン・オルコット
音楽 ジョナサン・タニック
出演 ポール・ニューマン
エドワード・アズナー
ケン・ウォール
ダニー・アイエロ
レイチェル・ティコティン
パム・グリアー
キャスリーン・べラー
公開 1981年
日本 1981年
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
犯罪地帯サウス・ブロンクスを舞台に、アパッチ砦とよばれる、ニューヨーク市警第41分暑の熱血漢警官の生きざまを描くアクション映画。警官役としては初めてとなったポール・ニューマン主演。
速い展開で多忙な警察の姿を表現した。

ポール・ニューマン演ずるベテラン警官のマーフィと、ケン・ウォール演ずる新人のコレリは事件続きの忙しい日々を送っていたが、エドワード・アズナー演ずる新任署長コノリーは、規則で彼等を縛ろうとする。
マーフィにはレイチェル・ティコティン演ずる看護婦の恋人イザベラがいたが、ある日、彼女の勤務する病院が麻薬取引に使われているとの情報が入った。他方、パム・グリアー演ずる麻薬中毒女シャーロットによる警官殺し事件も連続して発生する。
このパム・グリアーが端役では有るが、実に見事に麻薬中毒女を演じ切り話題となった作品。

【バイオレンス】

ちらし本体B級「在庫1」
ちらし査定 200円(神戸朝日会館印刷あり)


アパッチ砦ブロンクスを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒





【関連する記事】
posted by ケンとうさん at 01:18| Comment(0) | 1981アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。