ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年04月24日

HACHI 約束の犬

HACHI 約束の犬
Hachiko: A Dog's StoryHACHI 約束の犬.jpg
監督 ラッセ・ハルストレム
製作 ヴィッキー・シゲクニ・ウォン
 リチャード・ギア
 ビル・ジョンソン
製作総指揮 ジム・サイベル
 ポール・メイソン
 ジェフ・アッバリー
 ジュリア・ブラックマン
脚本 ティーブン・P・リンゼイ
撮影 ロン・フォーチュナト
美術 チャド・デトワイラー
音楽 ヤン・A・P・カチュマレク
音楽監修 リズ・ギャラチャー
衣装 デボラ・ニューホール
編集 クリスティーナ・ボーデン
出演 リチャード・ギア
 ジョーン・アレン
 サラ・ローマー
 ケイリー=ヒロユキ・タガワ
 ジェイソン・アレクサンダー
 エリック・アバリ
 タベニア・マクファデン
 ロビー・コリアー=サブレット
上映時間 1時間33分
配給 松竹
公開 2009年8月8日
製作国 年アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
忠犬ハチ公の名で知られる実在した秋田犬『ハチ』(1923年(大正12年)11月10日生れ(12月16日とも)は、現在の東京渋谷東急百貨店本店(旧大向小学校)周辺に住んだ東京帝国大学農学部の教授、上野英三郎に飼われ、上野の存命中は、玄関先や門の前、時には最寄りの渋谷駅まで上野を送り迎えすることもあった。
1925年(大正14年)5月21日に上野が急死した後も、毎日渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けたといわれ、東京朝日新聞の記事により世間に知れ渡った。主人を慕うハチの一途な姿は人々に感銘を与え、「忠犬」と呼ばれるようになった。
野犬狩りの危機にも、幾度も陥ったが、近隣住民の配慮で免れた。1935年(昭和10年)3月8日、渋谷川に架かる稲荷橋付近の路地で死亡。体は剥製にされ、国立科学博物館に保存されている。
後には。ゆかりの地、渋谷駅前に銅像が建てられ『渋谷ハチ公前』などと通称。待ち合わせ場所の目印として全国的に有名となる。この物語は書籍などにも残され、日本で1987年に「ハチ公物語」として映画化された。
この映画の2009年ハリウッド版リメイクがHachiko: A Dog's Story(HACHI 約束の犬)であり、CX フジテレビジョン開局50周年記念作品でもある。
プロデューサーのヴィッキー・シゲクニ・ウォンは日系3世。1980年代半ばに来日した際に渋谷駅前のハチ公像に興味を持ち、そのストーリーを映画などで知って感銘を受け、帰国後には飼い犬に『ハチコー』と名づけすらするほど心酔した。その「ハチコー」が2002年に亡くなったのを期に映画製作を決めたとのこと。
製作にも携わった有名俳優、主演のリチャード・ギアは、この映画の脚本を読んだ際、涙を流したといわれている。彼も又、愛犬家で有名。

大学教授であるパーカーは、アメリカ東海岸の郊外にあるベッドリッジ駅(映画のための架空都市)の駅前で迷子になっていた秋田犬の仔犬を保護し、家に連れ帰る。
飼っていた犬を亡くした悲しみがまだ癒えない妻の反対を押し切って、仔犬を飼うことを決めたパーカー。
首輪に漢字の「八」が刻印されていたことから、「ハチ」と命名する。
成長したハチは、毎朝パーカーを駅まで見送り、午後5時になると迎えに行くのが習慣になり、周囲の人々もそれを微笑ましく見守るようになっていた。だが、幸せな日々はパーカーの突然の死という悲劇によって終わりを迎える…

【ヒューマン*家庭】【実話映画化】【リメイク映画】

ちらし本体A級「在庫1枚」
ちらし査定 50円(神戸国際松竹スタンプあり)



HACHI 約束の犬を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 03:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『HACHI 約束の犬』
Excerpt: 駅で拾った犬が主人の死後も 駅前で主人を10年間待ち続けた実話の映画化 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:Hachiko:A Dog's St...
Weblog: 『映画な日々』 cinema-days
Tracked: 2010-04-25 20:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。