ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年05月25日

GOEMON

GOEMON (映画)

GOEMONGEMON.jpg
原案 脚本 撮影監督 編集 監督 出演 紀里谷和明
助監督 近藤一彦
プロデューサー 一瀬隆重
脚本 瀧田哲郎
撮影 田邉顕司
照明 牛場賢二
録音 矢野正人
美術監督・ビジュアルコンセプト 林田裕至
美術プロデューサー 赤塚佳仁
セットデザイナー 平井淳郎
装飾 西尾共未
衣装デザイン Vaughan Alexander
 Tina Kalivas
音楽 松本晃彦
音響効果 伊藤瑞樹
VFX スーパーバイザー 野崎宏二
VFX プロデューサー 藤田卓也
編集 横山智佐子
ヘアメイク 稲垣亮弐
キャスティング 山口正志
殺陣 森聖二
アソシエイト・プロデューサー 長澤佳也
 上田有史
出演者 江口洋介
 広田亮平
 田辺季正
 大沢たかお
 佐藤健
 広末涼子
 福田麻由子
 ゴリ(ガレッジセール)
 中村橋之助
 奥田瑛二
 伊武雅刀
 寺島進
 紀里谷和明
 要潤
 佐田真由美
 玉山鉄二
 チェ・ホンマン
 深澤嵐
 佐藤江梨子
 戸田恵梨香
 六平直政
 小日向文世
 りょう
 花原照子
 鶴田真由
 藤澤恵麻
 蛭子能収
 ウド鈴木(キャイ〜ン)
 なべやかん

配給 松竹
 ワーナー・ブラザーズ映画
公開 2009年5月1日
上映時間 2時間8分
製作国 日本
言語 日本語

ストーリーと概要
歴史上の義賊である大泥棒、石川五右衛門を主人公とする人間模様を作品化したCG時代劇である。
ただし、伝わる五右衛門は江戸時代の話だが、本作の舞台は戦国時代と、歴史にとらわれずに独自の時代背景を設定している。
それぞれが主役級のキャラクター性のある俳優をキャスティングし、特撮用のグリーン背景での撮影を含む実写撮影後、約1年をCG制作に費やしてして完成した。
原案、脚本、撮影監督、編集、監督、そして出演までした紀里谷和明監督の鬼才ぶりがうかがえる。

時は戦国時代の頃の日本、目の前で父親が切腹し、母親を斬殺され、祖母と逃げている山中で信長に拾われ、「五右衛門」と名付けられた男が居た。修行の末に超人的身体能力を持つ人間にと成長する。やがて、中村橋之助演ずる織田信長が本能寺の変で紀里谷和明監督自ら演ずる明智光秀により暗殺され、奥田瑛二演ずる豊臣秀吉が日本統一の夢を追う。
しかし、いつの世も民衆は常に苦しめられていた。民衆の喝采を浴びていたのが富める者から奪っては貧しいものに分け与える義賊、今は自由の身となった石川五右衛門であった。ある日、豪商の紀伊国屋文左衛門の蔵へ忍び込み、一つの小さな箱を盗むが、思うところがあり、子供にくれてやってしまった。ところがその箱の中身には五右衛門が追われる身となる重大な秘密が・・・

【史劇*伝記】【クンフー*格闘】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円 (神戸国際松竹スタンプあり)



GOEMON (映画)を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




現在ではハリウッドにも進出した言わずと知れた紀里谷和明(きりやかずあき)監督の出世作である。
登場人物が石川五右衛門であるということで、先入観たっぷりで、既存の五右衛門の物語を思考ベースにして見てしまうと偉い目にあう。まず時代背景が既存の物語より数百年遡る。そして時代考証はこの際、建築物もCGで趣向を凝らし、日本なのか、中国なのか、はたまた?というボーダレスでダイナミックなアジアンテイストに巻き込まれる。衣装なども未来的な風情さえ感じるもので、細かいことは気にせず「娯楽映画とはこんなものなのだ!」とばかりの意気込みが感じられる。個人的には展開に長回しが欲しいところを短く、さらりと流して欲しいところを長回しというイラつきを感じはしたが、当時としては新進気鋭の監督であったためイラつきよりはむしろ「ほほうやるなあ」と見入った次第。主演の江口洋介は、よく役にはまっていたし、他のキャスティングも申し分無かった。次回作を期待させる感じがしたので「ルパン三世みたいにシリーズかすればいいなあ」なんて思ったりしたものだが、そちらにも石川五右衛門がいたことを思い出し、軽く混乱した自分の思考が情けなく感じたのを覚えている。「日本映画はこんな方針でやればいい」とも感じたが大げさであったかどうか。


posted by ケンとうさん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

引き出しの中のラブレター(映画)


引き出しの中のラブレター

引き出しの中のラブレター 引き出しの中のラブレター.jpg




















引き出しの中のラブレター白.jpg
監督 三城真一
助監督 岸川正史
エグゼクティブプロデューサー 関根真吾
プロデューサー 伏木賢一
 小林敬宜
アソシエイトプロデューサー 高石明彦
 松田さやか
ラインプロデューサー 木村和弘
脚本 藤井清美
 鈴木友海
製作総指揮 野田助嗣
製作 伏木賢一
 小林敬宜
撮影 中山光一
照明 中須岳士
録音 芦原邦雄
美術 古谷美樹
装飾 沢下和好
編集 白水孝幸
製作委員会メンバー 松竹
 吉本興業
 FMノースウェーブ
 J-WAVE
 ZIP-FM
 FM802
 CROSS FM
 文芸社
 ドリームキッド
 電通
 衛星劇場
音楽 吉俣良
主題歌 Skoop On Somebody
出演者 常盤貴子
 林遣都
 八千草薫
 仲代達矢
 伊東四朗
 西郷輝彦
 六平直政
 吹越満
 片岡鶴太郎
 豊原功補
 萩原聖人
 本上まなみ
 中島知子
 岩尾望
 竹財輝之助
 冨田佳輔
 水沢奈子
配給 松竹
公開 2009年10月10日
上映時間1時間59分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
オムニバス映画。新堂冬樹著作の同名の小説があり、内容も同じなのであるが、どのような事情なのかこの紹介は無く、映画のちらしには原案、小林敬宜著作の『届かなかったラヴレター』とのみある。
2009年7月1日(水)、明治記念館にて製作報告記者会見が行われ、常盤貴子、林遣都、中島知子、岩尾望、豊原功補、八千草薫、三城真一監督が浴衣姿で登壇した。
なお、主演の常盤貴子は、一つの区切りと考えたか、この映画の公開の10日後、俳優長塚京三の息子で、劇作家であり俳優の長塚圭史と結婚している。

常盤貴子演ずる人気ラジオ・パーソナリティーである久保田真生(まい)。
4年前に六平直政演ずる父親と、仕事のことで喧嘩をし絶縁する。疎遠なまま仲直りもせず父親は他界。
悔やんでいる彼女のもとに、父が亡くなる前、自分に宛てて書いていた手紙が届くが、開くことができず、引き出しの中にしまってしまう。
ある日、番組に林遣都演ずる北海道函館で暮らす高校生、直樹から「笑わない祖父を笑わせたい」という手紙が届く(作品中小道具としての葉書は実際に直樹役の林遣都が書いた物)。
真生は、おじいちゃんを笑わせる方法を番組で募集。その方法が全国から寄せられるが「もう募集はやめて欲しい」と少年から再び手紙が来る。真生は自分の父親の姿を重ね合わせてしまい、この少年がどうしても気になり出す。
仲代達矢演ずる直樹の祖父。豊原功補演ずる父。岩尾望演ずる東京に単身赴任中のタクシー運転手。中島知子演ずるシングルマザーの決意をした妊婦。八千草薫演ずるその母。竹財輝之助演ずる大病院の跡取り息子。西郷輝彦演ずるその父。たくさんのリスナーのために「引き出しの中のラブレター」というラジオ番組の企画を通じ、自分の心の奥底に隠されている、伝えたくても伝えられなかった大切な想いを届けたいと願う・・・

【ヒューマン*家庭】

ちらし上段本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円 (神戸国際松竹スタンプあり)

下段ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円 (神戸国際松竹スタンプあり)


引き出しの中のラブレター
を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒





posted by ケンとうさん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史.jpg
監督 腰繁男
脚本 真保裕一
総作画監督 金子志津枝
美術監督 土橋誠
原作 藤子・F・不二雄
総監督 楠葉宏三
チーフプロデューサー 増子相二郎
 杉山登
演出 宮下新平
3DCGスーパーバイザー 木船徳光
撮影監督 岸克芳
編集 小島俊彦
録音監督 田中章喜
効果 糸川幸良
音楽 沢田完
絵コンテ
 腰繁男
 楠葉宏三
 やすみ哲夫
演出助手 八鍬新之介
メカデザイン 渡辺歩
作画監督 千葉ゆみ
 大杉宜弘
 浅野直之
原画 高倉佳彦
 大塚正実
 うつのみや理
 関修一
 一川孝久
 大城勝
 辻繁人
色彩設計 松谷早苗
色彩設計補佐 堀越智子
3DCG監督 奥村優子
アニメーション協力 ベガエンタテイメント
プロデューサー 小倉久美
 吉川大祐
 藤森匠
 山崎立士
 大倉俊輔
制作:映画ドラえもん制作委員会(藤子プロ、小学館、テレビ朝日、ADK、ShoPro、シンエイ動画)配給 東宝
公開 2009年3月7日
上映時間 1時間42分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
漫画家、藤子・F・不二雄によって執筆され、『月刊コロコロコミック』1980年9月号から1981年2月号に掲載された『大長編ドラえもんシリーズ』を原作として、1981年3月14日に公開された映画『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』のリメイク映画であり、映画ドラえもんシリーズ通算第29作目。また、ドラえもんを放送して来た『テレビ朝日』の開局50周年記念作品でもある。

ある日、のび太の部屋の畳がめくれ上がり、のび太とドラえもんが覗き込むと宇宙の彼方にあるコーヤコーヤ星の移民少年ロップルの宇宙船の倉庫とがつながっていた。超空間のねじれ事故が原因だったのだ。のび太は、現地の時間で数年前にコーヤコーヤ星に移民し、住人となっているロップルや、現地の生物チャミーと知り合い、遊ぶようになる。コーヤコーヤ星は、重力が地球よりも小さいため、地球人はとんでもない怪力を発揮できる
コーヤコーヤ星はまだ開発途中の自然豊かな開拓星。ロップル達移民が開拓して来た。しかし、星そのものがガルタイトという鉱石でできている。
ガルタイトは反重力エネルギーを発生させるためこれに目をつけたガルタイト鉱業という組織が、コーヤコーヤ星を含めた周囲の各星に鉱脈をはる鉱石であるガルタイトの利権を求め、住民の追い出しを画策する。
嫌がらせや脅迫の中で生活しているロップル達住民の生活を知ったドラえもん、のび太らは、ガルタイト鉱業に対して断固立ち上がる・・・

【アニメ*児童映画】【漫画の映画化】【続編映画】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円シネモザイクスタンプあり)



映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



posted by ケンとうさん at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クヒオ大佐

クヒオ大佐

クヒオ大佐クヒオ大佐.jpg
監督 吉田大八
原作 吉田和正
脚本 香川まさひと
 吉田大八
撮影 阿藤正一
美術 原田恭明
編集 岡田久美
音楽 近藤達郎
出演者 堺雅人
 松雪泰子
 満島ひかり
 中村優子
 新井浩文
 児嶋一哉
 安藤サクラ
 内野聖陽
公開 2009年10月
上映時間 1時間43分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
第50回日本映画監督協会新人賞最終候補作品。
実在の結婚詐欺師の姿をコミカルに描いた吉田和正原作の『結婚詐欺師 クヒオ大佐』を映画化。
純粋な日本人でありながら西洋人のような容ぼうを生かし「自分はエリザベス女王とも血縁関係で、アメリカ空軍パイロットのジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐である」などと偽って女性たちから1億円以上のお金を騙し取ったという内容。
モデルになった実在の詐欺師は1970年代ごろから暗躍し1990年まで数度の逮捕歴がある。逮捕のたびに名前や経歴が変わっていたが、その中でもファミリ・ネーム「クヒオ」や「米軍大佐」「エリザベス女王と血縁関係」などの嘘の一部は一致が見られた。また、米国人に成りすましたまま結婚もしており、妻さえ騙していた。
逮捕当時、詐欺に使った『米軍機の前で取った写真』や『鼻などを整形した顔』『米軍服姿』などがニュースやワイドショーで報道され、荒唐無稽さに国民の失笑をかった。
映画は、この結婚詐欺師の真の姿に迫る。但し、実在の人物の最後の逮捕時はすでに老人であり、映画の堺雅人演ずるクヒオように格好が良いという姿ではなかった。

堺雅人演ずるクヒオは、自分はアメリカ軍特殊部隊のパイロットで、世界中を飛び回り、旧ハワイ王族であるカメハメハ大王の末裔であり、イギリス王室の流れを汲む家系などと吹聴し、女性たちを騙していた。松雪泰子演ずる弁当店を営む永野しのぶもまた、彼の夢のような経歴や軍服姿に騙され懸命に尽くす・・・

【コメディ】【実話映画化】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 80円(B4二つ折り版 関西の上映館印刷あり)



クヒオ大佐を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

カムイ外伝

カムイ外伝

カムイ外伝カムイ外伝.jpg


















カムイ外伝2.jpg
監督 崔洋一
原作 白土三平
脚本 宮藤官九郎
 崔洋一
製作総指揮:野田助嗣
製作 松本輝起
エグゼクティブプロデューサー 榎望
プロデューサー 森重晃
 玉江唯
撮影 江崎朋生
 藤澤順一
美術 今村力
編集 川瀬功
音楽 岩代太郎
出演 松山ケンイチ
小雪
伊藤英明
佐藤浩市
小林薫
大後寿々花
土屋アンナ
芦名星
ナレーション 山崎努
配給 松竹
日本 2009年9月
上映時間 2時間00分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
人気の漫画家、白土三平の忍者コミック(同名)の原作の中から「スガルの島」編の実写化。沖縄ロケなどを経てダイナミックなアクション作品となっている
幼くして、貧しさゆえに忍びの世界に身を置く事になった松山ケンイチ演ずるカムイ。優れた忍術を身につけ、強靱な肉体と意志を持つ忍者へと成長する。しかし、厳しい掟に縛られ、理不尽な殺戮に明け暮れた日々に嫌気がさし、忍者の世界を抜けようとする。それは即ち抜忍という裏切り者として追われる身となることだった。かつての仲間、イーキン・チェン演ずる大頭や、芦名星演ずるミクモに執拗に追われる。逃亡を続けるカムイは、ある日偶然に命を救った小林薫演ずる漁師の半兵衛のもとに身を寄せる。小雪演ずる半兵衛の妻もまた、抜忍として身を潜めるかつての仲間スガルだった。そして、大後寿々花演ずるスガルの娘、サヤカはカムイに恋心を抱き始める。しばらく平穏な日常が続くかに思われた、しかし、村人の密告により再び追われる身となったカムイは……

【史劇*伝記】【クンフー*格闘】【漫画の映画化】

上段ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(神戸国際松竹スタンプあり)
下段ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 80円(B4二つ折り版 神戸国際松竹スタンプあり)



カムイ外伝を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

プール (映画)

プール (映画)

プールプール 白ちらし.jpg



















プール 色チラシ.jpg
監督 大森美香
製作 プール商会(日本テレビ放送網 バップ 幻冬舎
シャシャ・コーポレイション パラダイス・カフェ
スールキートス)
脚本 大森美香
原作 桜沢エリカ
企画 霞沢花子
プロデュース 小室秀一
 前川えんま
 木幡久美
エグゼクティブプロデューサー 奥田誠治
 石原正康
ラインプロデューサー 関友彦
 大塚美里
 武藤牧子
撮影:谷峰登
照明:斉藤徹
録音:古谷正志
編集:普嶋信一
スクリプター 天地芳美
美術 富田麻友美
音楽 金子隆博
音楽プロデューサー 平川智司
 石井和之
スタイリスト 堀越絹衣
ヘアメイク 宮崎智子
主題歌 佐野遊穂(ハンバート ハンバート)
挿入歌 パクチーズ(小林聡美 伽奈 シッティチャイ・コンピラ)
協力 タイ国政府観光庁
タイ国際航空
出演者 小林聡美
 加瀬亮
 伽奈
 シッティチャイ・コンピラ
 もたいまさこ
配給 スールキートス
公開 2009年9月12日
上映時間 1時間36分
製作国 日本
言語 日本語

ストーリーと概要
漫画家、桜沢エリカが映画化を前提に書き下ろした原作「プール」(幻冬舎)が基。小さなプールのまわりに集まる5人の6日間の物語。
モデルの伽奈は、ブログがきっかけで映画初出演。
『プール』のプロデューサーがインターネットで探しているときに、たまたま伽奈のブログを見て発掘。

大学の卒業を目前に控え、一人チェンマイ国際空港を経て、タイ北部、チェンマイ郊外の小さなプールのあるゲストハウスで働く小林聡美演ずる母、京子のもとを訪ねる伽奈演ずるさよ。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だった。
4年前、祖母にさよを預けて旅立った母、京子はゲストハウスオーナーのもたいまさこ演ずる菊子や、加瀬亮演ずる手伝いの市尾らと過ごしている。
そこにはシッティチャイ・コンピラ演ずるタイ人の少年も同居しており……。

【ヒューマン*家庭】【漫画の映画化】

上段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 50円(白抜き版、神戸国際松竹スタンプあり)
下段ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(色刷り版、神戸国際松竹スタンプあり)



プールを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちゃんと伝える(映画)

[初主演] ブログ村キーワード
ちゃんと伝える(映画)
ちゃんと伝えるちゃんと伝える.jpg
監督 園子温
脚本 園子温
撮影 上野彰吾
美術 大庭勇人
音楽 原田智英
編集 伊藤潤一
出演者 AKIRA(EXILE)
 高橋恵子
 奥田瑛二
 伊藤歩
 高岡蒼甫
 吹越満
 綾田俊樹
 諏訪太朗
 佐藤二朗
 でんでん
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 2009年8月22日
上映時間 1時間48分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
2009年(平成21年)8月22日公開。EXILE(エグザイル)のパフォーマー、AKIRA本名:黒澤良平(くろさわ りょうへい)の初主演作映画。
共演の奥田瑛二が、試写会の舞台挨拶で「(AKIRAを見て)8頭身の男が映画俳優として1人誕生した感じ。普通の俳優はいっぱいいるけどね…(中略)これからも、俳優としてちゃんと生きていってもらいたい。まぁ、彼はパフォーマーでもあるけど、両方できる才能をもっていると思うよ」とAKIRAの演技力に高評価を下したことで知られる。
日本人向けの作品で東京ではわずか1館の上映のみながらも、父親と子の普遍的な題材を扱ったこの映画は、好評となり、ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルのクロージングナイトを飾ることになった。

ある都市の地域タウン誌編集部に勤め、隣接の稲荷神社の門前町に住むAKIRA演じる27歳の北史郎は、彼女との結婚を考えている。ある時、自分史郎の高校教師で、入部していたサッカー部の顧問でもあった厳格な父、「学校では先生と呼べ」と厳しく史郎を躾けた父、徹二が癌で入院する。
史郎は毎日、1時間だけだが父親が入院している病院へ通い、父と向きあう事となる。そして、県境の美しい湖で父が亡くなる前に共に釣りをしようと算段をしている矢先、その史郎自身が、ちゃんと伝えるべきことをちゃんと伝えられなくなり・・・

【ヒューマン*家庭】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(単色刷り)



ちゃんと伝えるを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒


posted by ケンとうさん at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

スノープリンス 禁じられた恋のメロディ

スノープリンス 禁じられた恋のメロディ
スノープリンス 禁じられた恋のメロディスノープリンス 禁じられた恋のメロディ.jpg
監督 松岡錠司
エグゼクティヴプロデューサー 亀山慶二
企画 中沢敏明
 飯島三智
プロデューサー 椎井友紀子
大野貴裕
宇生雅明(庄内担当プロデューサー)
脚本 小山薫堂
音楽 山梨鐐平
主題歌 「スノープリンス」(スノープリンス合唱団・ジャニーズ・エンタテイメント)
撮影 大塚亮
美術 原田満生
録音 阿部茂
装飾 佐藤孝之
照明 木村匡博
衣装デザイン MASATOMO
衣装 宮本まさ江
編集 普嶋信一
スクリプター 川野恵美
ドッグトレーナー 宮忠臣
助監督 小野寺昭洋
出演 森本慎太郎
 桑島真里乃
 香川照之
 檀れい
 マイコ
 山本學
 浅野忠信
 中村嘉葎雄
 岸惠子


配給 松竹
公開 2009年12月12日
上映時間 1時間55分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
『フランダースの犬』関連であるからなのかベルギーでワールドプレミアが開催された。
森本慎太郎にとっては、初の映画出演で、初の主演作品となる。
第3回HIHOはくさい映画賞で最低作品賞。最低助演女優賞にマイコが選ばれた。
昭和初期の山形県の寒村。祖父と二人暮らしで、貧しくて学校に通えない10歳の草太という少年がいた。村の商家で裕福な家の娘の早代と幼い頃から大の仲良しだったが、それが恋心に変わろうとしていた。早代の父は事あるごとに2人の仲を裂こうとしていた。
それでも一生懸命生きる草太は、大好きな絵を描き続け、秋田犬の子犬を拾って「チビ」と名付け、育てる。
ある日、体調がおもわしくない祖父に代わって炭を売りにいった草太は、売上金をすられてしまう。祖父は、泣きながら帰って来た草太に人を憎んだり、恨んだりしていてはいけないと諭すのだった。
ある日、草太は村にやって来たサーカス団のピエロ、萩尾と知り合いになる。
絵描きになりたいという草太の夢を、萩尾は励ますのだった。
しかし、ピエロ萩尾の正体とは・・・

【ヒューマン*家庭】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(神戸国際松竹スタンプあり)



スノープリンス 禁じられた恋のメロディを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒


posted by ケンとうさん at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白夜Une Nuit Blanche

白夜 Une Nuit Blanche
白夜Une Nuit Blanche白夜.jpg
監督 小林政広
製作総指揮 丸茂日穂
製作 梅村安
原作 小林政広
脚本 小林政広
撮影 伊藤潔
音楽 佐久間順平
出演 眞木大輔
 吉瀬美智子
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
製作国 日本
公開 2009年9月19日
上映時間 1時間24分
言語 日本語

ストーリーと概要
人気グループ「EXILE」(エグザイル)のパフォーマーMAKIDAIが俳優 眞木大輔として挑んだ主演作。
フランスのリヨンで出会った日本人男女の切ない恋を描くラブ・ストーリー。
仕事も捨てて、別れた恋人を追いかけ、再び会うためフランスにやって来た朋子は、リヨンに架かる赤い橋で独り佇んでいる。「橋の上で待っていいます」と彼には告げてはあるが、そこに現れる気配はない。
そこへ、男性が声をかけてきた。バックパッカーとして海外を放浪し、明日、日本に帰国する予定の立夫。久しぶりに出会った日本人を懐かしいと思ったのだ。
朋子は、自分の心の傷をえぐる立夫に、初めは不信感を抱き、冷たい態度をしていた。しかし、次第に不器用ながらも自分のことを一生懸命考えてくれる立夫の言葉に、勢いでここまで来てしまった自分を冷静に見つめる。
二人はリヨンの暮れゆく街を歩きながら、やがて、少しずつ打ち解けて、朋子は立夫の優しさに惹かれる。だが、立夫はその夜、パリ行きの電車に乗りリヨンを去らねば明日の帰国に間に合わない。

【ラブ*エロティック】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 50円(神戸国際松竹スタンプあり)



白夜Une Nuit Blancheを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



posted by ケンとうさん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

テイルズ・オブ・ヴェスペリア〜 The First Strike 〜

テイルズ・オブ・ヴェスペリア〜 The First Strike 〜

テイルズ・オブ・ヴェスペリア〜 The First Strike 〜テイルズ・オブ・ヴェスペリア The First Strike.jpg
プロデューサー 吉積信
 湯川淳
 寺川英和
脚本 吉田玲子
音楽 千住明
キャラクター原案 藤島康介
キャラクターデザイン・キャラクター作画監督 松竹徳幸
作画監督 齋藤卓也
 黄瀬和哉
 海谷敏久
美術監督 大野広司
色彩設計 井上佳津枝
3D監督 遠藤誠
撮影監督 山田和弘
音響監督 若林和弘
主題歌:BONNIE PINK
アニメーション制作 プロダクション I.G
製作 バンダイナムコゲームス
バンダイビジュアル
プロダクション I.G
製作協力 東急エージェンシー
エモーション
製作国 日本
配給 角川映画
日本 2009年10月3日
言語 日本語

ストーリーと概要
1995年に1作目が発売されてから世界中で累計1,000万本以上の大ヒットを記録しているロールプレイングゲーム、「テイルズ オブ」シリーズ初の映画化となる長編アニメーション。2008年に発売された「テイルズ オブ ヴェスペリア」を基に、ゲームの世界の前日譚(たん)を描く。
人と魔物の大きな戦い「人魔戦争」終結から数年。人々は根源たる力・エアルによって、繁栄を築き上げようとしていた。帝国騎士団ナイレン隊に所属する新人騎士のユーリとフレンは、先輩である双子の姉妹騎士ヒスカ、シャスティルとともに、シゾンタニアの町を守る任務に就いていた。しかし町にほど近い森でエアルが異常噴出し、凶暴な魔物が増殖する事態が発生。これを深刻に受け止めたナイレン隊長は、独自調査を開始する。

【アニメ*児童映画】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(関西主要上映館印刷あり)



テイルズ・オブ・ヴェスペリア〜 The First Strike 〜を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



posted by ケンとうさん at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国
クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国クレヨンしんちゃん オタケベ カスカベ 野生王国.jpg
原作 臼井儀人(らくだ社)
脚本 静谷伊佐夫
作画監督 原勝徳
針金屋英郎
キャラクターデザイン 原勝徳
 末吉裕一郎
演出助手 高橋渉
美術監督 森尾麻紀
 西村隆
原画 末吉裕一郎
 高倉佳彦
 林静香
 大塚正実
 和泉絹子
 松下佳弘
 榎本結
 松山正彦
 重本雅博
 井口忠一
 釘宮洋
 角張仁美
 一居一平
 アベ正己
 三木めぐみ
 神谷友美
 浜田勝
 可児里未
 外間亮
 岩永大蔵
 秦洋美
 山崎猛
 西山努
 深野敏彦
 松井理和子
 松田博美
 大森孝敏
 茂木琢次
 間々田益男
 千葉ゆみ
 針金屋英郎
 原勝徳
色彩設計 野中幸子
撮影監督 梅田俊之
編集小島俊彦
ねんどアニメ 石田卓也
音響監督 大熊昭
音楽 若草恵
 荒川敏行
 丸尾稔
チーフプロデューサー 和田泰
 杉山登
 松下洋子
 中島一基
プロデューサー 吉田有希
梶淳(テレビ朝日)
鶴崎りか(ADK)
鈴木健介(双葉社)
監督 しぎのあきら
絵コンテ しぎのあきら
 中村憲由
演出 しぎのあきら
動画チェック 小原健二
色指定 蝦名佳代子
特殊効果 干場豊(アニメフィルム)
CGI つつみのりゆき
音響演出助手 浦上靖之
制作デスク 山崎智史
 馬渕吉喜
制作 シンエイ動画
テレビ朝日
DK
双葉社
公開 2009年9月12日
上映時間 分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
2009年4月18日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第17作目。原作者である臼井義人は公開から半年後に亡くなったため、臼井が上映を見届けた最後の作品となった。
キャッチコピーは『解き放て、おバカ本能』。本作品から監督が本郷みつるからしぎのあきらにバトンタッチ。本作の主題歌であるジェロの『やんちゃ道』はシリーズ初の演歌となる。
ある日、ふたば幼稚園の課外授業で清掃活動に参加していたしんのすけは、河原でアタッシュケースを発見する。その中に入っていた緑色のドリンクを拾い持って帰る。後で飲もうと冷蔵庫に冷やしておいたところが、それを父のひろし、母のみさえが飲んでしまう。
翌日、から二人は動物のような仕草をとり出すようになり、遂にひろしは鶏、みさえは豹に変身。突然ブンベツと名乗る男が率いる謎の集団が現れ、その場にいたかすかべ防衛隊とひろし達を捕える。かすかべ防衛隊の面々は何とか逃げ出すが・・・

【アニメ*児童映画】【漫画の映画化】【続編映画】

ちらし本体A級「在庫1枚」
ちらし査定 50円(シネモザイクスタンプあり)



クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 20:27| Comment(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

しんぼる

しんぼる

しんぼるしんぼる.jpg


















しんぼる2.jpg監督 松本人志
脚本 松本人志
 高須光聖
音楽 清水靖晃
撮影 遠山康之
編集 本田吉孝
企画協力 高須光聖
 長谷川朝二
 倉本美津留
アソシエイトプロデューサー 小西啓介
 竹本夏絵
ラインプロデューサー 代情明彦
テクニカルディレクター 山口善弘
撮影 遠山康之
VE さとうまなぶ
カメラオペレーター 藤本裕武
照明 金子康博
録音 安藤邦男
美術 愛甲悦子、平井淳郎
編集 本田吉孝
キャスティング 元川益暢
助監督 志賀研介
制作担当 小林一匡
VFX監督 瀬下寛之
音楽プロデューサー 日下好明
音楽 清水靖晃
プロデューサー 岡本昭彦
配給統括 野田助嗣
製作総指揮 白岩久弥
製作代表 吉野伊佐男
 大崎洋
出演者 松本人志
制作プロダクション よしもとクリエイティブ・エージェンシー
ファントム・フィルム
葵プロモーション
製作 吉本興業
配給 松竹
公開 2009年9月12日
上映時間 1時間33分
製作国 日本
言語 日本語
スペイン語
英語
ロシア語

ストーリーと概要
お笑い芸人ダウン・タウン松本人志による『大日本人』に次ぐ第二回の映画監督作品。脚本は松本と高須光聖との共同執筆。前作同様に、松本が企画・監督・主演を担当した。『大日本人』では外国人に見られることを考慮せずに製作していたものの、第60回カンヌ国際映画祭の非公式部門「監督週間」で上映されるなどしたため本作『しんぼる』では、当初から海外も意識し製作した。
“エスカルゴマン”はメキシコのとある町に住む腹の出たおやじプロレスラー。彼のことを最強と思うのは息子だけかもしれないという状況下、彼の妻は、夫が限界までに緊張し震えているのを見てしまう。
その日の対戦相手が若くて強い“テキーラ・ジョー”であるだけに不吉な予感を感じているのだ。
いよいよ試合開始。親族だけが熱烈に“エスカルゴマン”を応援する。
場面は変わり、水玉模様のパジャマを着た、マッシュルームカットの男(松本)は、ふと目を覚ますと、白い壁に囲まれた部屋に閉じこめられていた。状況が読めず、パニックに陥りながらも、男はその部屋から何とか脱出しようと試みを開始するが・・・

【コメディ】【SF*ファンタジー】

上段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 50円

下段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 50円



しんぼるを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




しんぼるのレビュー
posted by ケンとうさん at 23:04| Comment(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

よなよなペンギン

よなよなペンギン
よなよなペンギン よなよなペンギン.jpg
監督 りんたろう
製作 丸田順悟
共同製作 デニス・フリードマン
キャラクターデザイン 寺田克也
プロデューサー 八巻磐
 広川ひろし
 伊藤龍太郎
脚本 金春智子
音楽 本多俊之
主題歌作詞・作曲 堂島孝平
製作 マッドハウス
原作 りんたろう
 林すみこ
出演 森迫永依
 田中麗奈
 太田光(爆笑問題)
 田中裕二(爆笑問題)
 永井一郎
 田中秀幸
 皆口裕子
 小山茉美
 山口勝平
 TARAKO
 野沢那智
 内海賢二
 松本梨香
 ヒロシ
 ダンディ坂野
 小島よしお
 田中れいな(モーニング娘。)
 リンリン(モーニング娘。)
 くまいもとこ
 桑島法子
 朴璐美
 本多俊之
 山寺宏一
 高橋ジョージ
 藤村俊二
 柄本明
 橘U子
 宮澤正
製作国:2009年日本・フランス合作映画
日本 2009年
上映時間:1時間28分
配給 松竹


ストーリーと概要
2009年12月23日に公開の日本映画。配給。略称はよなペン。
毎晩、ペンギンの格好をして街を歩き回っていた少女ココ。ココは、天国のおとうさんが話してくれた、「ペンギンと空を飛んだことがある」という言葉を信じている。だから、彼女の願いは、いつか空を飛ぶということだった。 彼女の元に、ある日、空から招待状が届く。ゴブリンの少年チャーリーと出会った彼女は、闇の帝王ブッカブーに狙われたゴブリン村を救うため立ち上がる。

【アニメ*児童映画】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 80円(B4二つ折りタイプ)



よなよなペンギンを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




よなよなペンギンのレビュー
posted by ケンとうさん at 18:08| Comment(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。