ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年05月21日

ランニング(映画)

ランニング(映画)

Runningランニング(映画).jpg

監督 スティーヴン・H・スターン
製作 ロバート・クーパー
 ロナルド・M・コーエン
製作総指揮 マイケル・ダグラス
脚本 スティーヴン・H・スターン
撮影 ラズロ・ジョージ
音楽 アンドレ・ガニオン
出演者 マイケル・ダグラス
 スーザン・アンスパック
 ローレンス・デーン
 チャールズ・シャマタ
 ユージン・レビイ
配給 日本ヘラルド
公開 1979年
上映時間1時間59分
製作国 アメリカ カナダ
言語 英語


ストーリーと概要
まだ円熟する前で、オスカー俳優になる前のマイケル・ダグラスという意味では、超レアな映画に属するのでは無いか。地味ながら日常的に本当にありそうな話を熱演している。
マイケル・ダグラスと言えば、父は俳優でプロデューサーのカーク・ダグラス。その父が再婚したのがプロデューサーのアン・バイデンス。
離婚はしたものの母は、女優のダイアナ・ダグラス。その母が再婚したのが小説家ウィリアム・ダーリッド。
弟が映画プロデューサーのジョエル・ダグラス。異母弟のピーター・ダグラスも映画プロデューサー。その弟は俳優のエリック・ダグラスという、どこでどうなったのか分からない関係で、まさにハリウッド的な家族関係。本人も近年セックス依存症を告白して治療している。妻は有名女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。

本作はマイケル・ダグラス自身が製作総指揮を行っている。
イーストマンカラー、パナビジョン作品。
医者や弁護士などのエリート・コースを放棄し、以後職を転々とする世渡りが下手な男。いざとなるといつも人生に対して逃げごしになっていたマイケル・ダグラス演ずるかつてのマラソン・ランナーマイケル・アンドロポリス34歳。彼は、約束を守りたくてもいつも守れないお父さん。スーザン・アンスパック演ずる教師をする妻ジャネットを頼るというありさま。ついに妻と長女にも厭きられてしまった。最初のうち味方してくれたのは次女だけ。今は、妻子と別居し、安ホテルで一人暮しを続けている。ジャネットは彼に離婚を請求する。マイケルは離婚をきっかけに自分を見出すために再びマラソン競技に出場することを決心し、それに向ってトレーニングを開始。幼馴染みのチャールズ・シャマタ演ずるハワードが経営する自動車会社で洗車係に雇ってもらいながら、トレーニングを重ねた。かつて有望視された彼の夢は今からオリンピックに出場すること「今、走らなければ、全てを失ってしまう・・・」。マイケルは強引にジャネットをデートに誘い出す。ジャネットもマイケルを愛していないからなのではなく、立ち直って欲しかったから離婚したのであった。
しかし、ボストンで頼んだローレンス・デーン演ずるウォーカー・コーチの態度は冷たい。
かつて、大レースには弱く、最後の踏んばりどころでいつもマイケルが、投げ出していたのをよく知っているからだ。しかし、マイケルは負けない。
やがて、奇跡が起きる。モントリオール・オリンピック出場選手3名のうちの1人にマイケルが決まったのだ。彼はアメリカの期待を一身に集める。そして、レースの日・・・

【ヒューマン*家庭】【青春*スポーツ】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 300円 (三宮国際松竹スタンプあり)



ランニングを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒






posted by ケンとうさん at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

メーン・イベント

メーン・イベント


The Main Eventメーン・イベント.jpg

監督: ハワード・ジーフ
脚本: ゲイル・ペアレント
 アンドリュー・スミス
製作 ジョン・ピーターズ
 バーブラ・ストライサンド
音楽 ロビー・ベンソン
出演: ライアン・オニール
 バーブラ・ストライサンド
 ポール・サンド
 ジェームズ・グレゴリー
 ウィットマン・メーヨ
 パティ・ダーバンヴィル
 リチャード・ロースン
 アーニー・ハドソン
配給 ワーナー・ブラザース
公開日 1979年
日本 1979年12月
上映時間1時間49分
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
テクニカラー、ビスタサイズ作品。
本作は、1979年スティンカーズ最悪映画賞において、
最悪の作品部門、最悪の演出部門(ハワード・ジーフ)、センス最悪の脚本部門、最悪の主演女優部門(バーブラ・ストライサンド)、最悪のカップル部門(バーブラ・ストライサンド&ライアン・オニール)を受賞してしまっている。
また。最悪の主演男優(ライアン・オニール)、最悪の歌曲・歌唱(ロビー・ベンソン)が候補に挙がっていた。
この手の賞は「好みが分かれる」と言う点では賞賛されるべき賞(例えば、アカデミー賞など)と変わらず、また、賞賛されるべき賞と受賞がかぶる場合も多い。最悪映画賞とは言いながらも、むしろ、その映画が話題となった証である。
主演のバーブラ・ストライサンドは『ファニー・ガール』で主演女優賞を、『スター誕生』で作曲家としてアカデミー歌曲賞と2度も受賞している。また、複数のエミー賞、グラミー賞、ゴールデングローブ賞、およびトニー賞を受賞している世界で最も成功したと言われる大女優であり、歌手である。
また、『ある愛の詩』で超有名俳優の仲間入りを果たしたライアン・オニールも、父は脚本家チャールズ・オニール。元妻は女優ジョアンナ・ムーアという芸能一家で、ブログ内の『リトル・ダーリング』で紹介した有名な女優テイタム・オニールと俳優グリフィン・オニールは最初の妻ジョアンナとの間の子供である。
以後、女優バーバラ・パーキンスと浮名を流し、女優リー・テイラー=ヤングと再婚、さらに女優ファラ・フォーセットと17年間に渡り同棲しレドモンドという一児をもうけた。
この子供、グリフィンとレドモンドが居る場所で、ライアンがグリフィンに向けて発砲事件を起こし息子に訴えられたりまでした。結局、ファラ・フォーセットは癌により亡くなったが、死の直前に入籍したと伝えられている。いずれにせよ、スキャンダルの宝庫といわれる一族の中心人物であり、ある意味大俳優の王道を行く人物である。

バーブラ・ストライサンド演ずるヒラリー・クレイマーは香水の会社を経営していたが、支配人が会社の全資産を横領して国外逃亡、会社は人手に渡ってしまう。彼女の手もとに残されたのはライアン・オニール演ずるエディ“キッド・ナチュラル"スキャンロンというボクサーとの間にかわされた契約書だけだった。早速、ヒラリーはエディに会い、借金を返すために契約通りにリングにあがるよう交渉する。だが、今では自動車教習所の経営者におさまっているエディは、リングにあがる気などさらさら無い。
裁判に訴えるとして、ヒラリーはエディにリング復帰を納得させる。最初の試合で、エディは計画を断念するだろうと思って相手の打つにまかせた。それを見てヒラリーは逆に燃えあがり、エディにどんどん入れ込むようになり、喧嘩がちながらも愛情を抱きはじめていた。やっと大試合にこぎつけるが、ゴングより先にリングにあがってTKO負け。リング上で、せっかくの勝ち試合を落したエディとヒラリーの乱闘が始まり観客は大喜び。これを見たプロモーターが、ヒラリーをセコンドにつければ面白いと考えて、チャンピオンとの試合をプロモートしようと持ち掛けてきた。チャンピオン戦にそなえて、キャンプ入りしたエディは、ヒラリーと結ばれる。そして、いよいよ試合開始。エディの優勢のうちに進行してゆく・・・

【コメディ】【ラブ*エロティック】【青春*スポーツ】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 300円 (国際松竹印刷あり)



メーン・イベントを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

チャンプ

チャンプ


THE CHAMPチャンプ.jpg
監督 フランコ・ゼフィレッリ
原作 フランセス・マリオン
脚本 ウォルター・ニューマン
製作 ダイソン・ラヴェル
撮影 フレッド・J・コーネカンプ
音楽 デイヴ・グルーシン
出演者 ジョン・ヴォイト
 フェイ・ダナウェイ
 リッキー・シュローダー
 ジャック・ウォーデン
 アーサー・ヒル
 ジョーン・ブロンデル
 エリシャ・クック・Jr
 ダナ・エルカー
 アラン・ミラー
配給 CIC
公開日 1979年
日本 1979年7月
上映時間2時間3分
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
ボクシングのタイトルをかけた挑戦の中で、親子の絆を描いた映画。
キング・ヴィダー 監督により製作、ウォーレス・ビアリー主演で1931年に公開された同名映画のリメイク作品である。本作は、役名や細部の設定は異なるが、ほぼ同じストーリー。
子役のリッキー・シュローダー(当時8歳)はオーディションで2000人の中から選ばれ、本作でこの年のゴールデングローブ賞新人男優賞を受賞した。以後、現在まで俳優として有名である。また、主演ジョン・ヴォイト(媒体によジョン・ボイト)は、前年度公開の別の映画「帰郷」で、アカデミー主演男優賞とカンヌ国際映画祭男優賞に輝いた実績のある中でこの映画に取り組んだ。離婚した妻に娘の女優アンジェリーナ・ジョリーがいることで有名。
音楽のデイヴ・グルーシンも前年公開の「天国から来たチャンピオン」に次いで本作でもアカデミー作曲賞にノミネートされた。本作の前後もアカデミー賞、グラミー賞に何度もノミネートされ、話題となり、受賞もしたという大御所である。

ジョン・ヴォイト演ずる、競馬場で働く元プロボクシングのチャンピオン、ビリー・フリン。
フェイ・ダナウェイ演ずる妻アニーが家出してからは、リッキー・シュローダー演ずるまだ小さな息子T・Jと二人の生活。
T・Jは、酒とギャンブル漬けではあったが、その父親を、敬意を込めて「チャンプ」と呼んでいた。ある日、ギャンブルで大儲けをしたビリーは、T・Jのために馬を購入、これがレースに出ることとなり、ゴールに近づいた時、T・Jの馬は転倒してしまう。思いがけない事故で、駆けつけたT・Jとビリーの様子を双眼鏡で追っていたのは別れた妻アニーだった。今やアニーは、ファッション・デザイナーとして世界中に名をはせ、ファッション・ショーを開くために、アーサー・ヒル演ずる再婚相手、学者のマイクとやってきていたのだった。
厩舎を訪ねたアニーであったが、ビリーに冷たくあしらわれる。それでも数日後、T・Jを母親と名乗れないながらもアニーに会わせた。アニーの出現でさらに不安定になりギャンブルに走るビリー。アニーのもとに借金に行き、それをギャンブルの返済に当てようとするが、いざこざから人を殴り、警官すら殴り逮捕されてしまう。
心配して面会にやって来たT・Jに、ビリーは涙ながらにアニーのところへ行けと話した。しかし、アニーの元で真実を知ったT・Jは、育ててくれた父である「チャンプ」を選び走り帰った。
ビリーはT・Jのために、再びチャンピオンになることを決心し、ジャック・ウォーデン演ずるかつてのトレーナーのジャッキーを呼びよせ37歳という年令ながら激しいトレーニングに打ち込む。そして遂にタイトルマッチの日がやって来た・・・

【ヒューマン*家庭】【青春*スポーツ】【リメイク映画】

ちらし本体B級「在庫なし」
ちらし査定 300円 (A4版 南街劇場スタンプあり 全体に黄ばみあり)



チャンプを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




チャンプのレビュー
posted by ケンとうさん at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

リトル・モー

リトル・モー

Little Moリトル・モー.jpg
監督 ダン・ホーラー
製作総指揮 ジャック・ウェッブ
製作 ジョージ・シャーマン
脚本 ジョン・マクグリーヴェイ
音楽 ビリー・メイ
撮影 ハリー・ウルフ
出演者グリニス・オコナー
 クロード・エイキンス
 マイケル・ラーニッド
 マーティン・ミルナー
 アン・バクスター
 アン・フランシス
 レスリー・ニールセン
 アーティン・ミルナー
 マーク・ハーモン
 アン・ドラン
 トニー・トラバート
配給 ジョイパックフィルム
公開 1978年9月5日
日本 1979年4月
上映時間 2時間18分
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
リトル・モーは、1978年に製作されたアメリカ映画である。製作されたアメリカでは、NBCネットでテレビ映画として放映されたものである。これを日本では1979年に劇場公開した。
実在の、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ出身の女子テニス・プレーヤーであったモーリーン・キャサリン・コノリー・ブリンカー(1934年9月17日- 1969年6月21日)の生涯を描いた。俗称はモーリーン・コノリー。身長160cmほどしかない小柄な体格だったことから、リトル・モーという愛称で呼ばれた。1951年には全米選手権で4大大会初優勝を飾り、以後1953年まで3連覇を達成。さらに1952年から1954年までウィンブルドン大会においても3連覇。1953年には全豪選手権で初優勝を飾り、全仏選手権、ウィンブルドン選手権、全米選手権の3大会連続で優勝した。1938年に男子のドン・バッジがテニス史上初の年間グランドスラムを達成してから15年後、女子選手として初の偉業を達成した人物・・・アメリカの星・・・
サンディエゴ・ジュニア選手権の日、観客の注目を集めたのはグリニス・オコナー演ずる10歳の愛らしい少女モーリーン。この大会で見事優勝し、アメリカ屈指のコーチであるマイケル・ラーンド演ずるティーチ(実在のコーチ、エリナー・テナントがモデル)の元で練習を開始し、破竹の勢いでテニス界を席巻して行く。1954年にはウィンブルドン3連覇を成し遂げ、全米選手権を迎える直前に、コノリーは事故にあって足を傷つけてしまう・・・

【青春*スポーツ】【実話映画化】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 500円(大阪の上映館印刷あり)



リトル・モーを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



リトル・モーのレビュー
posted by ケンとうさん at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

ワンダラーズ

ワンダラーズ

The Wanderersワンダラーズ.jpg


















ケン・ウォール.jpg監督 フィリップ・カウフマン
 ローズ・カウフマン
製作総指揮 リチャード・R・St・ジョーンズ
製作 マーティン・ランソホフ
原作 リチャード・プライス
脚本 フィリップ・カウフマン
 ローズ・カウフマン
撮影 マイケル・チャップマン
出演者 ケン・ウォール
 ジョン・フリードリック
 カレン・アレン
 トニー・カレム
 アラン・ローゼンバーグ
 ジム・ヤングス
 トニー・ガニオス
配給 松竹=富士
公開 1979年
日本 1979年12月15日
上映時間 1時間57分
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
時は'63年。移民国アメリカでも特に人種のるつぼであるニューヨークはブロンクス。高校生も人種ごとにグループを作り、競い合っていた。中国系の『ウォンズ』、ギアナ系の『ファラオ』、アイルランド系の『レイズ』、そして黒人ばかりの『マウマウ』、年長格、札付きの悪ばかりで、頭を剃った『ボルディーズ』・・・。中でもちょっとした存在だったイタリア系グループで、当時人気のディオンのヒット曲名にあやかった『ワンダラーズ』。リーダーはケン・ウォール演ずる17歳のリッチー。ある日、アラン・ローゼンバーグ演ずるワンダラーズのターキーが頭をそってボルディーズ入るつもりでいるのを見て、ジョン・フリードリック演ずるジョーイは驚いた。止めようとするジョーイはボルディーズのリーダーの悪口を言っているところをリーダーの女に聞かれた。これによりターキーとジョーイがボルディーズに追われるハメになった。しかし、トニー・ガニオス演ずる大柄の転校生ペリーに救われる。そして、ペリーはワンダラーズの一員となった。ワンダラーズはひょんなことで黒人グループ『デル・ボマーズ』と対立し、大喧嘩が行なわれる約束になってしまう。同じ白人系のグループや、ウォンズにも助けを求めるが、死人が出るであろう喧嘩話に快い返事は無い。いよいよ、プライドを捨て、ボルディーズに頼もうという意見を抑え、リッチーはトニー・カレム演ずるステディのデスピーの父であるイタリアン・マフィアに頼み込む。黒人の親達とイタリア系の親達が話し合い、喧嘩の代わりにアメリカン・フットボールの試合が行なわれることになった・・・。

【青春*スポーツ】

上段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 500円(B5横長版 丸の内松竹印刷あり)
下段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 500円(ケン・ウォール紹介 単色刷り)



ワンダラーズを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




ワンダラーズのレビュー
posted by ケンとうさん at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。