ブログ『映画のちらしファイル』は、自称映画ファンである私、ケンとうさんが、今までに集めてきた映画のチラシ(リーフレット)を紹介し、見た映画にはレビューも書いてみようとするブログです。
ストーリーに触れる場合がありますので、ネタバレ(見る前に話が分かってしまう)にはご注意下さい。
映画のちらしを通じて、「映画に思いをはせる」のもよし。
「映画のちらしコレクター」としての情報交換の場として利用するのもよし。
皆さんに可愛がられるブログになりたいです。
記事記載日は古いですが放置ではありません。少しずつ加筆しています
尚、紹介している『ちらし画像を含める映画情報は、全て然るべき機関及び個人に著作権が帰属しています(以下、著作権者)。当ブログはこれらを害することが無いように、画像に再利用を避ける工夫をすることをお誓いすると共に、著作権者にとって有益になるように努めます。また、著作権者にとって問題がある場合には直ぐに削除処理を行います。(外部リンクの問題に関しましてはリンク先にお申し出下さい)


査定とコメント→■私の所蔵している映画ちらし


  このサイト内検索Google
 
住人です
あなたの応援
あなたの応援
人気ブログランキングへ
ブログ王bnr.gif
あなたの応援
あなたの応援
あなたの応援
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へ




2010年05月07日

ワンダラーズ

ワンダラーズ

The Wanderersワンダラーズ.jpg


















ケン・ウォール.jpg監督 フィリップ・カウフマン
 ローズ・カウフマン
製作総指揮 リチャード・R・St・ジョーンズ
製作 マーティン・ランソホフ
原作 リチャード・プライス
脚本 フィリップ・カウフマン
 ローズ・カウフマン
撮影 マイケル・チャップマン
出演者 ケン・ウォール
 ジョン・フリードリック
 カレン・アレン
 トニー・カレム
 アラン・ローゼンバーグ
 ジム・ヤングス
 トニー・ガニオス
配給 松竹=富士
公開 1979年
日本 1979年12月15日
上映時間 1時間57分
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
時は'63年。移民国アメリカでも特に人種のるつぼであるニューヨークはブロンクス。高校生も人種ごとにグループを作り、競い合っていた。中国系の『ウォンズ』、ギアナ系の『ファラオ』、アイルランド系の『レイズ』、そして黒人ばかりの『マウマウ』、年長格、札付きの悪ばかりで、頭を剃った『ボルディーズ』・・・。中でもちょっとした存在だったイタリア系グループで、当時人気のディオンのヒット曲名にあやかった『ワンダラーズ』。リーダーはケン・ウォール演ずる17歳のリッチー。ある日、アラン・ローゼンバーグ演ずるワンダラーズのターキーが頭をそってボルディーズ入るつもりでいるのを見て、ジョン・フリードリック演ずるジョーイは驚いた。止めようとするジョーイはボルディーズのリーダーの悪口を言っているところをリーダーの女に聞かれた。これによりターキーとジョーイがボルディーズに追われるハメになった。しかし、トニー・ガニオス演ずる大柄の転校生ペリーに救われる。そして、ペリーはワンダラーズの一員となった。ワンダラーズはひょんなことで黒人グループ『デル・ボマーズ』と対立し、大喧嘩が行なわれる約束になってしまう。同じ白人系のグループや、ウォンズにも助けを求めるが、死人が出るであろう喧嘩話に快い返事は無い。いよいよ、プライドを捨て、ボルディーズに頼もうという意見を抑え、リッチーはトニー・カレム演ずるステディのデスピーの父であるイタリアン・マフィアに頼み込む。黒人の親達とイタリア系の親達が話し合い、喧嘩の代わりにアメリカン・フットボールの試合が行なわれることになった・・・。

【青春*スポーツ】

上段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 500円(B5横長版 丸の内松竹印刷あり)
下段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 500円(ケン・ウォール紹介 単色刷り)



ワンダラーズを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




ワンダラーズのレビュー


posted by ケンとうさん at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッピー・フライト

ハッピー・フライト

ハッピー・フライト
ハッピー・フライトハッピー・フライト.jpg
監督 矢口史靖
製作 亀山千広
脚本 矢口史靖
出演者 田辺誠一
 時任三郎
 綾瀬はるか
 吹石一恵
 寺島しのぶ
 田畑智子
 平岩紙
 田山涼成
 田中哲司
 岸部一徳
音楽 ミッキー吉野
主題歌 『カム・フライ・ウィズ・ミー』フランク・シナトラ
配給 東宝
公開 2008年11月15日
上映時間 1時間43分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
矢口監督は企画当初、航空パニック映画制作を考えていたが、約2年間のリサーチの結果、航空機が墜落するパニックの可能性が非常に低いことと、同時に登場人物には、モデルが存在するという程、航空業界の裏で働く人々と内情の面白さを知り、脚本の内容を変更したとのこと。
リサーチは多岐にわたり、アメリカのシアトルに所在するボーイング社などにも訪問した。また、制作にあたって全日本空輸 (ANA) の全面的な協力を得、ロゴマークの使用などのほか、実際にANA国際線で使用されていたボーイング747-400(機体番号 JA8096)が、日本の航空業界史上初めて、撮影目的で15日間無料レンタルされたほか、社内に映画の特別チームを編成し、作品企画、脚本の直し、衣装の貸与、撮影現場の立ち会い協力、社員によるエキストラ参加、など多岐にわたった。
大規模ロケは東京国際空港第2旅客ターミナル、関西国際空港、ANA機体整備工場等でも敢行され、いずれの場所での撮影も映画史上初であるとされる。

副操縦士の田辺誠一演ずる鈴木和博は、機長への昇格訓練を受けており、実地試験としてのOJTである今回のホノルル行きのフライトが昇格の分かれ目だった。予定の試験教官が風邪をひき、代わりに時任三郎演ずる厳格で威圧感のある原田典嘉機長が試験官を務めることになった。
一方、今回が国際線デビューとなる綾瀬はるか演ずるキャビン・アテンダント斉藤悦子。だがその便には寺島しのぶ演ずる厳しいチーフ・パーサー山崎麗子も乗務していた。そしてグランド・スタッフの田畑智子演ずる木村菜採もまた、乗客のクレーム対応に追われ、仕事に限界を感じ辞めようかと考えていた。離陸時刻が迫り、必死にメンテナンスを行う若手整備士。窓際族のベテランオペレーション・ディレクター。ディスパッチャー、管制官、バードパトロールと多種多様なスタッフたち。
ホノルル行きの便は離陸前の多様なトラブルがありながらも出発。機内では鈴木が原田の指導に戦々恐々とし、悦子らキャビン・アテンダントは次々と繰り出される乗客の指示に右往左往。そんな中、飛行機に非常事態が発生する。…

【コメディ】【サスペンス*スリル】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(シネ・モザイク スタンプあり)



ハッピー・フライトを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



ハッピー・フライトのレビュー

このような娯楽映画はだいたいが否の評価を受けるものだが私は大好きだ。綾瀬はるかは期待通りのキャラに仕上がっている。
大馬鹿映画にもならず、かと言って強いスリルがあるわけでもない。それが心地よい。強いて難を書かないといけないとしたら、その中道あたりに位置づけられたストーリーが万人受けはするが、いろいろな映画を見飽きた人間にとってはどうだろうか・・・と言った感であろうか。しかし、「そら芸術でござい」というような映画よりはやっぱり私は心を惹かれる。

ハッピー・フライトのレビュー
posted by ケンとうさん at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球が静止する日

地球が静止する日

The Day the Earth Stood Still地球が静止する日.jpg
監督 スコット・デリクソン
製作 ポール・ハリス・ボードマン
 グレゴリー・グッドマン
 アーウィン・ストフ
脚本 ライン・ダグラス・ピアソン
 デヴィッド・スカルパ
音楽 タイラー・ベイツ
撮影監督 デヴイット・タッタサール
視覚効果スーパーバイザー ジェフリー・A・オークン
プロダクションデザイン デヴィッド・ブリスビン
衣装デザイン ティッシュ・モナハン
編集 ウェイン・ワーマン
出演者 キアヌ・リーブス
 ジェニファー・コネリー
 ジョン・クリーズ
 ジェイデン・スミス
 ジョン・ハム
 キャシー・ベイツ
 カイル・チャンドラー
 ヒロ・カナガワ
 ロバート・ネッパー
 ロジャー・クロス
 アーロン・ダグラス
配給 20世紀フォックス
公開 2008年12月12日
日本 2008年12月19日
上映時間 1時間46分
製作国 アメリカ
言語 英語

ストーリーと概要
『地球が静止する日』(原題:The Day the Earth Stood Still)は、2008年作のアメリカSF映画であり。1951年公開の『地球の静止する日』(同じ原題)のリメイク作品である。
ジェニファー・コネリー演ずるプリストン大学で教諭をする女性地球外生物学者、ヘレン・ベンソン博士の自宅に、突然ある夜、アメリカ政府のエージェントが訪問する。
ほぼ強制的に国家非常事態への協力を求められたヘレン博士は、1年前に他界した夫の連れ子であるジェイデン・スミス演じるジェイコブを隣人に預け、政府公用車で連れ去られるように出立する。
アメリカ政府はすでに警戒態勢を敷き、軍を総動員出動させ、町は異様なまでに静まり返っていた。アメリカ政府がヘレン博士のほかに天文学、核物理学、地質学などの権威的博士を招集していたのは、木星の外側で観測された小惑星と思われる謎の物体への対策を講じるためだった
その物体はニューヨークのマンハッタンへ、想像を絶する速度で、予想のつかない進路を移動し、迫っている。
しかし物体が地上に達し、大爆発するはずの瞬間には何も起きず、ただ、巨大な球体が、まばゆい光を放ちながらセントラルパークへと舞い降りてきたのだった。
ヘレン博士らが近づくと、球体の中から大きなロボットゴートを従え、一体の生命体と姿を現す。動揺した兵士の一人が生命体へ発砲し、銃弾を浴びた生命体は倒れてしまう。
アメリカ政府は生命体を医療施設へ運び、体にメスを入れると、有機物質らしき灰色の皮が剥がれ、中から人間の男性そっくりの体の生命体が出現する。意識を取り戻したキアヌ・リ−ブス演じる生命体は、特殊な能力で拘束を解くと施設から姿を消してしまう。時、同じくして、宇宙からの球体は、地球上のさまざまなところに出現し、人類に対して攻撃を開始。世界中を大混乱へ陥れていた。何のためにこの星を訪れ、攻撃を始めたのかが理解できないため関係者は奔走する。
生命体は協力者にヘレン博士を選び、接触を図ってきた。自分の名をクラトゥと名乗り「地球を人間たちから助けに来た。人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」と、ヘレン博士に告げる。
その考えに衝撃を受けたヘレン博士は、ノーベル学者であるバーンハート教授とクラトゥを面会させるが失敗に終わる。
人類の命運が風前の灯火となった今となっては、ヘレン博士と義理の息子ジェイコブだけがクラトゥの心に触れることができる・・・

【SF*ファンタジー】【リメイク映画】

ちらし本体A級「在庫若干し」
ちらし査定 50円(シネ・モザイク スタンプあり)



地球が静止する日を見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンスターVSエイリアン

モンスターVSエイリアン

Monsters vs. AliensモンスターVSエイリアン.jpg
監督 ロブ・レターマン
 コンラッド・バーノン
製作 リサ・ステュワート
脚本 メイヤ・フォービスウォレス・ウロダースキー
 ロブ・レターマン
 ジョナサン・エイベル
 グレン・バーガー
原案 コンラッド・バーノン
美術 デビッド・ジェームズ
音楽 ヘンリー・ジャックマン
編集 ジョイス・アラスティア
 エリック・ダプケウィクツ
配給 パラマウント・ピクチャーズ
公開 2009年3月27日
日本 2009年7月11日
上映時間 1時間35分
製作国 アメリカ
言語 英語

ストーリーと概要
『シュレック』『マダガスカル』などの人気シリーズを手がけるドリームワークス・アニメーションによる3Dアニメーション映画。日本での通俗略称は、『モンエリ』。
リース・ウィザースプーン、キーファー・サザーランドら豪華俳優が声優として参加して話題となった映画。

若い女性スーザン・マーフィーが、待っていた結婚式の日だというのに、突如空から突然降ってきた隕石と接触してしまい、何故だか身体が50フィート(約15メートル)に巨大化してしまった。
スーザンは軍隊に捕らえられ、新種のモンスターとして、他のモンスターたちと政府の秘密基地に監禁されてしまう。
収容されたスーザンは『ジャイノミカ』と名付けられ、基地内で他の個性的なモンスター達と暮らす日々を送っている。そんなある日、地球侵略を目論むギャラクサーが巨大エイリアン・ロボットを地球に送り込んだ。襲来したエイリアンの強力な攻撃に苦戦するアメリカ軍。人類の危機を回避するため、モンガー将軍は基地に収容されているモンスター達の出動を大統領に提案し、『ジャイノミカ』と他のモンスターたちはエイリアン・ロボットと対決することになる・・・

【アニメ*児童映画】【SF*ファンタジー】【ヒーロー*スパイ】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円



モンスターVSエイリアンを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




「子供だましの子供アニメめ!」と感じるであろうこの作品。という先入観がありました。ありましたが、結果は意外とそうでもありませんでした。「なんだろうか」と考えてみましたがドリームワークスの作品は何かしら、他のアニメに感じられない「切なさ」といったものをいつもながら受けるわけです。そのメソッドを今ひとつつかみきれていない私ではあります。まんまとやられてしまっているのです。これはおそらくドリームワークスの作品のほとんどに絡んでいる極限られた1~2名の人物の仕業に違いなかろうと踏んでいるのですが、それにまんまと本作でもやられてしまっているのです。いや1~2名の人物というのは私が思っているに過ぎないのは理解はしているつもりですが、いずれにせよそれが「まず駄作であろうと思わせておいて」という段階からやっているとしたなら、それはもう恐ろしいことです。重ねて書く必要がなくても恐ろしいことです。恐ろしいことです。


posted by ケンとうさん at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

ダウト あるカトリック学校で

ダウト あるカトリック学校で

Doubtダウト あるカトリック学校で.jpg
監督 ジョン・パトリック・シャンリー
製作総指揮 セリア・コスタス
製作 スコット・ルーディン
 マーク・ロイバル
脚本 ジョン・パトリック・シャンリー
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ディラン・ティチェナー
音楽 ハワード・ショア
プロダクションデザイン デヴィッド・グロップマン
衣装デザイン アン・ロス
出演者 メリル・ストリープ
 フィリップ・シーモア・ホフマン
 エイミー・アダムス
 ヴィオラ・デイヴィス
配給 ミラマックス
 ディズニー
公開 2008年12月12日 (限定)
2008年12月25日 (拡大)
日本・2009年3月7日
上映時間 1時間44分
製作国 アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
小説、ジョン・パトリック・シャンリーの『ダウト 疑いをめぐる寓話』と、ピューリッツアー賞とトニー賞とを同時受賞した同作品の舞台版を、原作者自らが映画化したもの。
受賞暦の多い作品。第81回アカデミー賞でも4部門にノミネートされた。
放送映画批評家協会賞:主演女優賞(メリル・ストリープ)
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞:助演女優賞(ヴィオラ・デイヴィス)
ヒューストン映画批評家協会賞:助演女優賞(ヴィオラ・デイヴィス)、キャスト賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー:助演女優賞(ヴィオラ・デイヴィス)、キャスト賞
パルム・スプリング国際映画祭:助演女優賞(エイミー・アダムス)
フェニックス映画批評家協会賞:主演女優賞(メリル・ストリープ)
全米映画俳優組合賞:主演女優賞(メリル・ストリープ)
ワシントンD.C.映画批評家協会賞:主演女優賞(メリル・ストリープ)、キャスト賞
などと、輝かしい実績がある。

1964年、ニューヨークのブロンクス地区。厳格なカトリック学校、セント・ニコラス・スクールのメリル・ストリープ演ずる女校長シスター・アロイシアスは、エイミー・アダムス
演ずるまだ年若い女教師であるシスター・ジェイムズに、全ての事に疑惑をもって当たれと厳しく命じていた。そんな折、シスター・ジェイムズは、進歩的で生徒達の人気も高いフィリップ・シーモア・ホフマン演ずるフリン神父が、生徒の黒人少年と性的な行為を持ったのではという疑いを持ちアロイシアス校長に告白する。僅かな証拠をつかみ、その疑いが確信に変わるのを感じたアロイシアス校長はフリン神父を厳しく問い詰めるが、フリン神父は規則違反を犯した生徒を守るための対策で、単なる勘違いであると具体的に証明した。これにより、シスター・ジェイムズは疑いを解く。しかしアロイシアス校長は「神の意に沿う行為を為すためには、神より遠ざかる手段をとることも辞さない」との信念を持つ。厳格ゆえに、相手の立場に立つということを考えず、執拗にフリン神父の「罪」を追求してゆくのだが・・・。

【ヒューマン*家庭】【小説映画化】【演劇映画化】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(シネ・リーブル神戸スタンプあり)



ダウト あるカトリック学校でを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

グリース (映画)

グリース (映画)
Greaseグリース-色.jpg




















グリース-白.jpg監督 ランダル・クレイザー
製作 ロバート・スティグウッド
脚本 ブロント・ウッダード
 アラン・カー
音楽 バリー・ギブ
 ジム・ジェイコブス
撮影 ビル・バトラー
編集 ジョン・F・バーネット
出演者 ジョン・トラボルタ
 オリビア・ニュートン・ジョン
 ストッカード・チャニング - リッゾ
 ジェフ・コナウェイ
 バリー・パール
 イヴ・アーデン
 ジョーン・ブロンデル
 シド・シーザー
 ディディ・コーン
 ダイナ・マノフ
 フランキー・アヴァロン
配給 パラマウント映画=CIC
公開 1978年6月16日
日本 1978年12月9日
上映時間 1時間50分
製作国 アメリカ
言語 英語

ストーリーと概要
ジム・ジェイコブスとウォーレン・ケイシーによる71年に初演された人気ブロード・ウェイ・ミュージカル(同名)を原作としたオールディーズ・ナンバーたっぷりに描く1978年の学園ミュージカル映画。製作は「サタデー・ナイト・フィーバー」のロバート・スティグウッドとアラン・カー、監督はこの作品がデビューのランダル・クレイザー。
当時、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」で人気絶頂だったジョン・トラボルタと、70年代に数々のヒット曲を出した世界的ポップス・クイーン、オリビア・ニュートン・ジョンの共演で話題を呼んだ。続編「グリース2」あり。
劇中歌であるジョン・ファーラーの『愛すれど悲し』(Hopelessly Devoted to You) が1979年に行われた第51回アカデミー賞で、歌曲賞にノミネートされた。

舞台は50年代のアメリカ。夏休みの避暑地の海岸で知り合ったジョン・トラボルタ演ずる高校生のダニーとオリビア・ニュートン・ジョン演ずるサンディ。
愛を語り合い、夏が終わる頃、再会を信じながら別れを告げたが、オーストラリア娘のサンディのこと、ダニーとは、ひと夏の恋で終わったはずだった。
しかし、サンディは父の転勤でダニーと同じ高校に転校してくることに。応援団のチア・リーダーに参加したサンディは遂にダニーと再会した。そんな中、このライデル高校が、TV局の主催する全米高校ダンス・コンテストの会場に指名されたというのだ。サンディは思いがけない再会に喜ぶが、実はダニーは「T・バーズ」というリーゼントに革ジャンの不良グループのリーダー。仲間の手前、つれない素振りをするダニーに怒ったサンディ。
二人の恋の行方はどうなるのか・・・

【ミュージカル*ダンス】【青春*スポーツ】

上段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 500円(A4版)
下段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 500円(A4版 大阪の上映館印刷あり)



グリースを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒



グリースのレビュー
posted by ケンとうさん at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 1978アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

プール (映画)

プール (映画)

プールプール 白ちらし.jpg



















プール 色チラシ.jpg
監督 大森美香
製作 プール商会(日本テレビ放送網 バップ 幻冬舎
シャシャ・コーポレイション パラダイス・カフェ
スールキートス)
脚本 大森美香
原作 桜沢エリカ
企画 霞沢花子
プロデュース 小室秀一
 前川えんま
 木幡久美
エグゼクティブプロデューサー 奥田誠治
 石原正康
ラインプロデューサー 関友彦
 大塚美里
 武藤牧子
撮影:谷峰登
照明:斉藤徹
録音:古谷正志
編集:普嶋信一
スクリプター 天地芳美
美術 富田麻友美
音楽 金子隆博
音楽プロデューサー 平川智司
 石井和之
スタイリスト 堀越絹衣
ヘアメイク 宮崎智子
主題歌 佐野遊穂(ハンバート ハンバート)
挿入歌 パクチーズ(小林聡美 伽奈 シッティチャイ・コンピラ)
協力 タイ国政府観光庁
タイ国際航空
出演者 小林聡美
 加瀬亮
 伽奈
 シッティチャイ・コンピラ
 もたいまさこ
配給 スールキートス
公開 2009年9月12日
上映時間 1時間36分
製作国 日本
言語 日本語

ストーリーと概要
漫画家、桜沢エリカが映画化を前提に書き下ろした原作「プール」(幻冬舎)が基。小さなプールのまわりに集まる5人の6日間の物語。
モデルの伽奈は、ブログがきっかけで映画初出演。
『プール』のプロデューサーがインターネットで探しているときに、たまたま伽奈のブログを見て発掘。

大学の卒業を目前に控え、一人チェンマイ国際空港を経て、タイ北部、チェンマイ郊外の小さなプールのあるゲストハウスで働く小林聡美演ずる母、京子のもとを訪ねる伽奈演ずるさよ。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だった。
4年前、祖母にさよを預けて旅立った母、京子はゲストハウスオーナーのもたいまさこ演ずる菊子や、加瀬亮演ずる手伝いの市尾らと過ごしている。
そこにはシッティチャイ・コンピラ演ずるタイ人の少年も同居しており……。

【ヒューマン*家庭】【漫画の映画化】

上段ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 50円(白抜き版、神戸国際松竹スタンプあり)
下段ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(色刷り版、神戸国際松竹スタンプあり)



プールを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちゃんと伝える(映画)

[初主演] ブログ村キーワード
ちゃんと伝える(映画)
ちゃんと伝えるちゃんと伝える.jpg
監督 園子温
脚本 園子温
撮影 上野彰吾
美術 大庭勇人
音楽 原田智英
編集 伊藤潤一
出演者 AKIRA(EXILE)
 高橋恵子
 奥田瑛二
 伊藤歩
 高岡蒼甫
 吹越満
 綾田俊樹
 諏訪太朗
 佐藤二朗
 でんでん
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 2009年8月22日
上映時間 1時間48分
製作国 日本
言語 日本語


ストーリーと概要
2009年(平成21年)8月22日公開。EXILE(エグザイル)のパフォーマー、AKIRA本名:黒澤良平(くろさわ りょうへい)の初主演作映画。
共演の奥田瑛二が、試写会の舞台挨拶で「(AKIRAを見て)8頭身の男が映画俳優として1人誕生した感じ。普通の俳優はいっぱいいるけどね…(中略)これからも、俳優としてちゃんと生きていってもらいたい。まぁ、彼はパフォーマーでもあるけど、両方できる才能をもっていると思うよ」とAKIRAの演技力に高評価を下したことで知られる。
日本人向けの作品で東京ではわずか1館の上映のみながらも、父親と子の普遍的な題材を扱ったこの映画は、好評となり、ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルのクロージングナイトを飾ることになった。

ある都市の地域タウン誌編集部に勤め、隣接の稲荷神社の門前町に住むAKIRA演じる27歳の北史郎は、彼女との結婚を考えている。ある時、自分史郎の高校教師で、入部していたサッカー部の顧問でもあった厳格な父、「学校では先生と呼べ」と厳しく史郎を躾けた父、徹二が癌で入院する。
史郎は毎日、1時間だけだが父親が入院している病院へ通い、父と向きあう事となる。そして、県境の美しい湖で父が亡くなる前に共に釣りをしようと算段をしている矢先、その史郎自身が、ちゃんと伝えるべきことをちゃんと伝えられなくなり・・・

【ヒューマン*家庭】

ちらし本体A級「在庫若干」
ちらし査定 50円(単色刷り)



ちゃんと伝えるを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒


posted by ケンとうさん at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

夢のサーフシティー(映画)

夢のサーフシティー

Deadman's Curve夢のサーフシティー.jpg
監督 リチャード・コンプトン
製作 ロジャー・ギンベル
 ジョニー・コンバース
原案 ポール・モランツ
脚本 ダレーン・ヤング
撮影 ウィリアム・クロンジャガー
音楽 フレッド・カーリン
出演 リチャード・ハッチ
 ブルース・デイヴィソン
 パメラ・ベルウッド
 ディック・クラーク
 マイク・ラヴ
 ウルフマン・ジャック
 ブルース・ジョンストン
配給 松竹・富士 共同配給
公開 1976
日本 1981.10
上映時間 1時間36分
製作国 年アメリカ
言語 英語


ストーリーと概要
後のウエストコースト・サウンドの先駆者として有名な歌手ジャン・ベリー(2004年3月26日没)の実際に起こった過去の自動車事故(1966年4月12日)が物語の中心になっている。この作品は、アメリカで1978年2月にドラマとして放映もされている。
ゲストスターとして、本物のジャン・ベリーが顔を出してるほか、パパ・ドゥ・ラン・ランがライブのシーンで。また、ディック・クラーク、マイク・ラヴ(ビーチ・ボーイズ)、ブルース・ジョンストンが実名で、さらに全米No,1DJウルフマン・ジャックが「ジャッカル」というDJ役で出演。
1958年のカリフォルニア、ロスの街。高校のクラスメイトであるジャンとディーンは苦労して吹き込んだ曲『ジェニー・リー』をレコード会社に送る。その曲がアーウィン・レコード社のオーナーに気に入られ、レコード化が決定。その直後、喜びもつかの間、ディーンが兵役につく。その間、曲は大ヒットし、ジャンはスターに。
数カ月後、除隊してガソリン・スタンドで働いていたディックはジャンと再会。
再度、組んで仕事を始める。そして1959年に『ジャン&ディーン』が誕生。その年『ベイビー・トーク』でデビュー、全米ヒット・チャート入りを果たす。
1961年冬、ドア・レコードからリバティ・レコードに移籍。
1963年、サーフィンとホット・ロッド・ミュージックが流行する中で、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンと交流を持つようになり、1963年にジャンがブライアンと共作でできた曲が「サーフ・シティ」。
ジャン&ディーンは、この曲で初の全米ナンバー1に輝くと共に、作曲家のブライアンも初めて全米1を獲得。ジャン&ディーンはカリフォルニアのゴールデン・ボーイと呼ばれるようにまでなった。ジャンは、恋人がいるにも拘らず、次々に女の子たちと遊ぶ日々。その後も「パサディナのおばあちゃん」「危険なカーブ」などのヒット曲を生み出すが、しかし1966年、ジャンは自動車事故で危篤状態に陥り、生き延びたものの、言語障害、右半身不髄という後遺症を残した。恋人はジャンから去り、ディーンとも疎遠になる。闘病生活の中ジャンはでアニーという女性と知り合う。アニーの努力があり、ディーンとの溝を埋めたジャンは再び歌に生きようと心に誓う。
そして、事故から7年後の1973年、2人のステージが実現。障害により自信のないジャンはテープに合わせて歌うが、それが途中で観客に知れて怒りを買う。しかし、やがて罵声の中で涙ながらに歌い出したジャン・・・

【青春*スポーツ】【実話映画化】

ちらし本体A級「在庫なし」
ちらし査定 400円(東映プラザスタンプあり)



夢のサーフシティーを見る。(セキュリティを問う場合がありますが危険ではありません「はい」を押してください)⇒




posted by ケンとうさん at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 1981アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。